たかくんagcm会話@今年7月で会話執筆業五周年!
このブログは、俺の好きなアニメ(a)、ゲーム(g)、漫画(c)、音楽(m)のキャラなどが色々話すコーナーです!苦手な方は申し訳ありませんが退場をお願いします…4月から大学三年生!公務員の勉強も始まり、正念場の時期に突入しますorz太鼓の達人、anan、戦国大戦、maimai、艦これ、ぷよクエAC、PSO2やってます!その他色んな話題を取り上げているので沢山のブロガーと仲良くなりたいです☆
最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
4212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アーケードゲーム
96位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーカロイド物語第9話 青い目の人形。の巻(前編)
 2011年8月6日、ヒロシマに原爆が落とされました
 沢山の人が死に、人の命の尊さと共に、戦争の悲劇を底無しに味わった事だと思います

 今から1年前、終戦65周年を記念し、ボカロ物語第9話を執筆しました
 戦争の悲劇…その中にある一つの揺れ動く感情を、この小説に書きました

 と言うワケで、今回は『青い目の人形。の巻』(前編)をお送り致します
 中編と後編は…また、太平洋戦争に関する日が来るまでお待ちください





 ボーカロイド物語第9話
 青い目の人形。の巻

 僕は…この人形と仲良くなりたかっただけなのに…

 木造の建物の一室で、一人の青年は思うた。

 なんで戦争をしなくちゃいけないんだ…
 なんでこの人形を燃やさなくちゃいけないんだ…

 そして、その青年の目の前には見るも無様な青い目の人形が一人おいていた。

 僕は…この人形と仲良くなりたかっただけなのに…

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ユキ「みてみて!あそこに可愛い人形がいるよ!」
ミキ「あら、ほんとだ。青い目をしてるね。」
キヨテル「きっと、外国から来たお人形さんかもね。」
   場所はとある商店街の骨董屋さん。そこでは、いろんな年季のはいったものが置かれたところに人形がまとめておいてあるところがあった。
   そこに、青い目に金髪の可愛い女の子みたいな人形があるのだ。
   すると、店の方から、見た目では80歳以上も年をとってそうなおじいさんが杖をつきながら現れた。
おじいさん「ほう。その人形、お気に入りなのかね。」
ユキ「うん!すっごく可愛いの!」
おじいさん「そうか。これはな、三王子市立第九小学校から送られてきたものじゃ。80年ぐらい前にアメリカから送られてきた人形じゃよ。」
ユキ「80年前?」
ミキ「うーん…ユキにとっては気の遠くなりそうな話よね…」
おじいさん「まあ、そんな深く考えんと、この店を見学してっとくれ。」
ユキ「うん!」
   と、そこにリンたちが現れた。
リン「あ、ユキちゃん!」
ユキ「あ、リン姉ちゃん!」
ミク「久しぶり!無人島以来だね!」
賢治「無人島?」
ミク「まあ、話せば長くなるんだけどね…」
ユキ「あのお兄さん、だれ?」
レン「あれ?ユキちゃんと賢治とは初対面だっけ?」
ミク「この子は斎藤君。私の友達なの。」
賢治「初めまして。」
ユキ「よろしくね。」
ミク「あ、そうそう!あそこでアイスシャワーがやってるよ!とっても涼しから行ってみて!」
ユキ「うん。でも…」
ミキ「私たちは、まだしばらくここを見学してるから、先に行ってなさい。」
キヨテル「はぐれないように気を付けた行って来るんだよ。」
ユキ「うん!」
リン「じゃあ、行こうね。ユキちゃん。」
   ミク、リン、レン、ユキ、賢治の5人は走って去って行った。
おじいさん「元気な子供じゃのう。わしのかつての生徒にも負けじとな。」
キヨテル「てことは、おじいさん、先生だったんですか?」
おじいさん「そうじゃ。三王子市立第九小学校に勤めておった。でも、わしが勤めていた頃はまだ軍事学校だったがの。」
ミキ「軍事学校って、その頃は太平洋戦争が起きてたってことですか?」
おじいさん「ああ。食料もままならぬ時代での、人々は皆貧しい生活を強いられて来た。」
キヨテル「大変そうですね…」
おじいさん「ああ、そうそう!この人形も関係があっての、戦時中、特に終戦を迎える直前の頃は、アメリカとの敵対心のために、生徒らは棒で突っついたり蹴ったりしたそうじゃ。」
ミキ「ひどい…」
おじいさん「それに、校長から、この人形を燃やせとの命令があっての。じゃが、その時、一人の少女が現れたのじゃ。」
キヨテル「どんな子だったんですか?」
おじいさん「この人形と同じ澄んだ青い目をしておった。しかも、おそらく外国ですら見たことのないような服装に、髪は、戦争前の沖縄のとても澄んだ空を思い浮かばせるような、スカイブルーでとても長い髪じゃった。」

   場所は変わって、ボーカロイド研究所クリプトン支部。
智「おお!これは期間限定のフィギア!買ってくれたんだね!」
ミク「うんっ☆これも智兄ちゃんのためだよっ☆」
智「おー!流石は俺が見込んだ嫁だけあるな!よーしっ!お礼にネギソードを強化してやろう!」
ミク「わーいっ☆」
孝子「ちょっと、お兄ちゃん!その暇があるんだったら、ミクたちの新曲の選曲やったらどうなの!?」
智「あー!そうだったー!」
   ミクをはじめとした全てのボーカロイドの歌の選曲というのがボーカロイド研究所の日課なのだ。というのも、実際、毎日、ボーカロイドの新曲候補の曲が数十件もニコニコ動画という、インターネットの動画サイトに投稿され、そこから選んで、ボーカロイドたちの本体が実際に歌って、CDを出したり、ライブで歌う曲に選ばれるというのだ。補足だが、この時代ではボーカロイド本体は世界に一つしかないといっても過言ではないほど貴重な存在ではあるが、彼女たちボーカロイドの声だけならパソコンソフトで二万円弱で売られているのだ。それで、楽曲を作って、新曲候補をその動画に投稿する流れなのだ。
孝子「それに、もうじきミクちゃんの3周年記念ライブもあるんだから…あ、明後日のピースライブもあるから、しっかり働きなさいよ!」
智「そうだ!嫁のライブを…」
ミク「その前に、あんたの嫁になった覚えはないから。」
智「ぇ…」
孝子「さあ、行くわよ!あ、ごめんね。せっかく忙しいなか来てもらって。でも、私たちはこれから忙しくなるし…あ、そうだ!あの部屋におじいちゃんがいるから、そこに挨拶しに行ったら?て、智!」
智「やべっ!逃げろー」
孝子「待ちなさい!」
リン「智兄ちゃんは相変わらずサボり屋さんだね…」
レン「カイト兄ちゃんも大概だけどね…にしても、さっきのミク姉ちゃん、ツンデレ?」
ミク「うん。智兄ちゃんから教わったんだー。萌え要素の一つなんだって☆」
リン「いくらデブオタクの智兄ちゃんでもこの状況じゃ、リアと間違えるもんね…」
レン「でも、ミク姉ちゃんも危ないかも…」
ミク「え、何か言った?」
レン「んーん。なんでもない。」
ユキ「ユキ、おじいちゃんの部屋に行きたい。」
賢治「あ、忘れてた!」
ミク「うん。行こうね。」

ミク「失礼しまーすっ!」
クリプトン博士「おー、ミクか!それに、リンもレンもユキも賢治も一緒か!」
リン「はい。」
レン「失礼します。」
ユキ「こんにちは。」
賢治「失礼しま…あの、あの機械は…」
クリプトン博士「ああ、今作っておるのが完成したのじゃ。タイムマシンじゃ!」
賢治「タイムマシンって…あの、時間を自由に行くことができる?」
クリプトン博士「そうじゃ。あ、丁度いいときに来たな。」
リン「え、何なんですか?」
クリプトン博士「こんなこと言うのも何なんじゃが、実験台になって欲しいのじゃ。」
ユキ「ユキ、面白そう!」
賢治「一度こういうの乗ってみたかったんだ。」
リン「楽しそう!」
レン「でも、どの時代に行こうかな?」
ミク「うーん…でも、せっかくだし、宇宙ができた頃まで探検してみる?」
リン「へぇー。でも、なんで?」
ミク「最近、宇宙がテーマの曲が沢山あって、それで宇宙の始まりがどんなのかを見たいの!」
クリプトン博士「お楽しみのところすまんが、そこまで昔は無理じゃ…」
ミク「えー、なんでですか?」
クリプトン博士「あまり昔に行きすぎると、戻れなくなる可能性が高くなのでの…」
ミク「ショック…」
ユキ「ユキ…あの人形がいた時代に行きたい。」
リン「あの人形って、さっきの骨董店にいた青い目の人形?」
ユキ「うん」
レン「あ、それもいいかも!でも、何年くらい前なんだろう?」
ユキ「80年前とか言ってたような…」
賢治「でも、今度は大丈夫なんですか?」
クリプトン博士「それくらいなら大丈夫じゃ!99パーセントの安全性は保証する!」
ミク「99パーセントって…じゃ、残りの1パーセントは…」
クリプトン博士「おそらく…じゃが、わしの発明じゃ!智のとは格が違うのじゃ!」
リン「相変わらず頑k…あ!じゃあ、早速行こう!」
クリプトン博士「あ、その前にじゃ、いくつか注意点がある。よく聞くのじゃぞ!
 まず、このバッジじゃ。このバッジがあれば、バッジをつけてない者から見られない。また、気配を消すこともできる。このバッジを必ず体につけるのじゃぞ!もし、何か変なことをしでかしたり、そのバッジをつけ忘れたために見られたりとかで、歴史が変わることがあったら大変じゃからな!」
ミク、リン、レン、ユキ、賢治「はい!」
クリプトン博士「時代は既にセットしてある。多分、その時代通りに着くように設定しておるから大丈夫じゃとは思うがの。」
ミク「じゃあ、乗り込もう!」
リン「わくわくするね!」
レン「うん!どんな世界なんだろう…」
ユキ「ユキも楽しみ!」
賢治「へぇ…思ってたのよりハイテクそう…」
クリプトン博士「皆、準備は出来たな!」
ミク、リン、レン、ユキ、賢治「はい!」
クリプトン博士「では、出発進行じゃ!」
   クリプトン博士が何かしらのレバーを押すと、タイムマシンの画面などがいろんな色に光り、揺れ始めた。
クリプトン博士「言い忘れた!念のために言っとくが、なるべく早く帰ってくるのじゃぞ!待機中もエネルギー使うからの。あと、全員が乗ってるのを確認してからタイムマシンを発動させるのじゃ!」
ミク、リン、レン、ユキ、賢治「はい!」
   その言葉を最後に、5人は突然、すっと消えていった。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takakunagcmkaiwa.blog122.fc2.com/tb.php/304-fd2fbda3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかくん39

Author:たかくん39
 1994年2月2日生まれ男子オタク
 現在ハマっているゲームは…

 ・太鼓の達人(タイタツ)
 ACは2009年1月スタート、CSは2009年3月スタート
 最盛期のACは一部を除きノルマ達成。☆9までは一部除きフル可能。同じくCSは☆9(やはり一部除く)と☆10の大半はフル可能
 好きな曲は特にないです。実際に叩く曲もナムオリが多めですが、基本的に色んなジャンルを叩きます。アンパンマンやドラえもんもおにで普通に叩きます
 しかし最近は新曲確認程度にプレーしてるぐらいで殆どやってませんorz

 ・アンサーアンサー(anan)
 2010年7月スタート
 自称、中の下アンサー
 最近ではSSSスパイラルでSS3にもちょくちょく行けます。が、同時に(イベントが少ない所為で)殆どやらなくなったので感覚がorz
 現在、SS級プロで3億5000万ぐらい。店舗大会では和泉で勢いだけを武器に暴れまくってますw結果は…素の知識(笑)ってことでお察し下さいorz
 歴地社が得意ジャンル、次いで自然科学と、この2つは二刀流(の右と左)と自称している程。GP上の苦手ジャンルはエンタメですが、最近はスポーツの方が苦手です
 クイズは苦手ですが、知識を得る喜びの為、今でも気まぐれでやってます☆

 ・クイズマジックアカデミー(QMA)
 2010年5月スタート
 自称、フェニミノ賢者
 賢者の扉ではメインカ白銀到達、サブカも3枚賢者に行きました
 右4つのジャンルが防具、理系学問が武器と言ってますが実力はお察しの通りorz苦手は左3つです
 過去にはたかくんQMA会話も作り盛り上がってましたが、現在は無期限休業中です

 ・戦国大戦
 2012年5月スタート
 ver1では大大名昇格戦直前にて終了。勝率は4割前後で推移しています。あまり得意じゃないですが、デッキ構築や運用の楽しさ、そして何よりも自分の趣味で続けています
 使用デッキは色々で、個人的にはやっぱり武力押しの采配デッキが使いやすいですね。家宝は兜や刀、鉄砲相手には術書が多いですが、迷ったりすると茶入れも選んだりしますw

 ・maimai
 2013年8月スタート。現在のメインです(が、最盛期よりはプレー数控える予定です)
 レートは12月まで1カ月レート1.0の伸びる急成長を見せましたが、2月以降は12.5~12.6で停滞orz
 昔は乱打が得意でしたが今は若干苦手orzホールド苦手は元からです…(涙)

 ・艦これ
 2013年8月スタート
 トラック泊地でプレー中、確か大佐だったかとorz
 一時は精力的に出陣もしてましたが、今では演習と遠征だけの生活ですorz
 ただ、イベントには積極的に参加しています

 ・ぷよぷよクエストAC
 2013年11月スタート
 現在、大まどうし
 最近SR手にいれたばかりでデッキは未だに金Rしかないですorz一応11連鎖組めますが事故多発で迷惑かけたらすみません…

 ・ファンタシースターオンライン2(PSO2)
 2014年2月スタート
 シップ1でヴィヴィというキャラを使ってプレーしています。デューマン女のブレイバーです
 レベル20弱の新米で、あまりプレーできてませんorz
 因みにヴィヴィは会話レギュラーとしても活躍しています

 過去にプレーしてたゲームはヴァイスシュヴァルツや頑張れ!ぼうりんぐ番長、初音ミクProjectDIVAArcadeなどがあります

 このブログでは、他にゲーセン業以外にもアニゲー情報や風景会話など、色々な興味があったらそのメニューだけでも目を通して見て下さい☆本編の最後にはオリジナル小説もありますし、長い文章が苦手な方は短めの月刊で慣れて頂ければと思います

 ブロ友気軽に受け付けます! 
 リンク載せる際には一報お願いします。相互リンク歓迎ですっ☆
 コメントは荒らし中傷その他他人を害するもので無ければ歓迎します!こちらからも他のブログのコメントや、このブログのコメ返しますが、忙しくてできなかった場合はごめんなさいorz
 これからもよろしくお願いしますですっ☆

 2013年3月26日現在

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ブロとも一覧


しがない大学院生の日記 (仮)

アマチュア紫宝賢者(仮)の戯言QMA日記。

のっぴぃの,のんびり日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。