たかくんagcm会話@今年7月で会話執筆業五周年!
このブログは、俺の好きなアニメ(a)、ゲーム(g)、漫画(c)、音楽(m)のキャラなどが色々話すコーナーです!苦手な方は申し訳ありませんが退場をお願いします…4月から大学三年生!公務員の勉強も始まり、正念場の時期に突入しますorz太鼓の達人、anan、戦国大戦、maimai、艦これ、ぷよクエAC、PSO2やってます!その他色んな話題を取り上げているので沢山のブロガーと仲良くなりたいです☆
最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
12026位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アーケードゲーム
285位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーカロイド物語第9話 青い目の人形。の巻(後編)
 2011年8月15日、玉砕放送が流された日…つまり、戦争が終わった日です
 沢山の人が死に、人の命の尊さと共に、戦争の悲劇を底無しに味わった事だと思います

 今から1年前、終戦65周年を記念し、ボカロ物語第9話を執筆しました
 戦争の悲劇…その中にある一つの揺れ動く感情を、この小説に書きました

 と言うワケで、今回は『青い目の人形。の巻』(後編)をお送り致します
 3日に分けて連載しました。読んでくれた皆さん、本当にありがとうございました。感想をいただければ幸いです




   中編までのあらすじ
    とある商店街の骨董屋さん。ユキらは80年前にアメリカから送られてきた青い目の金髪の女の子の人形を見つけた。そこで、ミク、リン、レン、ユキ、賢治の5人はクリプトン博士のタイムマシンで、その人形が贈られてきた80年前にタイムスリップしたはずが、機械の不調なのか、ついた場所はその15年後の1945年。そこで数十人の生徒が青い目の金髪の人形を竹槍で突き刺したりなどで人形をボロボロにしている姿が。しかも、一人の教師、柏木に校長が明日の朝に人形を燃やすとの命令が!
    そして、現代に戻ったミク達。しかし、その処置に納得がいかないミクはリン、レン、ユキを連れて再び研究所に向かった

ミク「失礼します…はぁ…はぁ…」
賢治「どうしたの!?」
ミク「あ、斎藤君…来てたんだ…」
賢治「来てるけど。大丈夫?」
クリプトン博士「おお!ミクにリン、レン、ユキか!斎藤君が待っておったぞ!」
リン「斎藤君、先来てたんだ…」
レン「やっぱり、斎藤君も…」
賢治「うん…一度家に帰ったんだけど、あの事が気がかりで…」
ミク「そうなんだ!早速行こう!」
賢治「いいけど…そのリュックサック、何?」
ミク「ん?いい案が思いついたの。とりあえず、早く行こう!」
クリプトン博士「話は斎藤君から大体聞いた。出発準備はできておる」
リン「でも、さっきのようなことは…」
クリプトン博士「大丈夫じゃ。設定と15年後にワープしてしまうのはもう解決しておる」
   そして、5人はタイムマシンに乗り…
クリプトン博士「出発進行じゃ!」
   クリプトン博士が何かしらのレバーを押し、タイムマシンの画面などがいろんな色に光って、揺れ始めた。そして、5人は突然、すっと消えていった。

ミク「あ、あそこにさっきの先生がいるよ!」
レン「本当だ!」
リン「よかった、見つかって!」
賢治「でも、これからどうするの?」
   5人はタイムマシンでさっきの時代に戻り、軍事学校のある教室前の廊下に着いたところだった。
   しかし、その一言で、5人全員が黙り込んでしまった。が、その沈黙を破ったのがミクだった。
ミク「私にいい案があるの」
   とっさに、ミクはバッジを外そうとしたが、
賢治「それって…だめだよ!外しちゃ!」
レン「ばれたらどうするの!?」
ミク「私を信じて」
レン「ミク姉ちゃん!これはただ事じゃ…」
ミク「私を信じて!」
   強い口調で、純粋な青い目でミクは訴えかける。
   いつもは制するレンたちですら、今回ばかりは止められなかった。
レン「…分かったよ…」
リン「ミク姉ちゃん、頑張って!」
ユキ「ユキも応援する」
ミク「うん」
   ミクはただ前だけを見つめて、教室を開けた。

ミク「その人形、好きなんだね」
   すると、ミクの目の前にいる、さっき怒られていた先生、柏木が驚いたそぶりを見せた。そして、声のした方向、真後ろに目を向けた。
   柏木の目の前にした人形と同じ澄んだ青い目。おそらく外国ですら見たことのないような服装に、戦争前の沖縄のとても澄んだ空を思い浮かばせるような、スカイブルーでとても長い髪。
柏木「あなた…誰…」
ミク「私は青い目の人形の妖精なの」
柏木「え…」
ミク「大丈夫。その人形は守ってあげるから」
柏木「でも、どうすれば…」
   言うよりも早いか、ミクはリュックサックから何かを取りだした。
   それは、さきほどの人形と瓜二つの青い眼をした人形なのだ。見るとすぐに…
リン「あ!それって!」
賢治「え、どうしたの!?」
レン「この前、僕たちもあの骨董品に行ったんだけど、その時にミク姉ちゃんがずっと欲しがってた青い目の人形があれなんだよ!」
賢治「え!?まさか…このために…」
ミク「これを使って」
柏木「ああ…ありがとう…ございます…」
ミク「あと、戦争はもうすぐ終わるの」
柏木「え…なんでそれを…」
ミク「そうしたら、いつかその人形が愛される時が来るわ。だから、今はその人形を大切にして」
柏木「はい…」
   そして、ミクの持っていた青い眼をした人形が柏木に渡った。
   すると、柏木は泣き崩れたのだった。
   ミクは柏木を見届けると、妖精のような笑顔を一度して、柏木のもとを離れた。
   ミクが賢治たちのもとへ戻って来た。
リン「柏木さん、嬉しそうだね」
ユキ「ユキも嬉しい」
ミク「うん。私もだよ」
賢治「でもいいの?あんなに欲しがってた人形があの人形の代わりに焼かれるんだよ」
ミク「うん。また自分の小遣いで買えばいいし」

メイコ「ミク、リン、レン!早く急ぎなさい!」
   メイコが玄関から呼ぶ。玄関前にはバスみたいな乗り物…いわゆる、ロケ車が停まっていた。
健太「ミクー!さっさとしないと…」
ミク「分かってますよぉー!」
   先にリンレンが出た。次にミクが家を出ようとするが、玄関の段差に躓いてしまい…
ミク「ふぎゃ!」
メイコ「ミク、大丈夫なの!?」
ミク「うん…これくらいいつものことだから…」
メイコ「て、鼻血出てるじゃない!私のティッシュ貸してあげるから!」
ミク「あれ?あ、ほんとだ」
健太「全く、ミクという奴は…」
ミク「ひゅみまひぇん…」
健太「つか近づくな!鼻にティッシュ突っ込んでからしゃべれ!」
ミク「はい…あの、一つだけ頼みがあるんですけど…」
健太「あ?どうした」
ミク「あそこの商店街の骨董屋さんに連れてって」
健太「はぁ?」
ミク「お願い!すぐ戻るから!」
健太「…しょうがないなぁ…でも、そんなに時間もない。少しだけだぞ!」
ミク「はい!」

   場所はとある商店街の骨董屋に移る
ミク「斎藤君!」
賢治「ミク!あ、リンもレンも一緒なんだ!」
リン「うん!あ、ユキちゃん!」
ユキ「うん。ユキ、賢治兄ちゃんと一緒にここまで行ったの」
レン「そうなんだ。で、ここで何しに来たの?」
ミク「うん。あの青い目の人形なんだけど、きっとこれかなって思ったの」
   5人が目の前の青い目の人形を見た。それは、ミクたちが65年前にタイムワープしたときに見た、あの人形の面影を残しているような…
リン「そうかも!私もそう思う!」
レン「なんか…懐かしいね…」
賢治「うん…でも、こうして見ていられるのも、ミクがあの人を助けてくれたおかげかもしれないね…」
ユキ「この人形さん、可愛い」
ミク「うん。こうして、沢山の人に愛されているんだね。今も、そして未来もきっと」
健太「おーい!もうそろそろ時間だ!早く戻れよー!」
ミク「はっ!忘れてた!あ、斎藤君にユキちゃん、私たち、行ってくるから」
リン「じゃあね、ユキちゃん」
レン「斎藤君も、またね」
ユキ「うん!」
賢治「分かった!」
   そして、ミク、リン、レンはロケ車に戻った。
   クリーム色の太陽がぎらぎらと照りつけ、澄み切った青い空がとても清々しい夏の出来事だった。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://takakunagcmkaiwa.blog122.fc2.com/tb.php/314-c6f99d54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

たかくん39

Author:たかくん39
 1994年2月2日生まれ男子オタク
 現在ハマっているゲームは…

 ・太鼓の達人(タイタツ)
 ACは2009年1月スタート、CSは2009年3月スタート
 最盛期のACは一部を除きノルマ達成。☆9までは一部除きフル可能。同じくCSは☆9(やはり一部除く)と☆10の大半はフル可能
 好きな曲は特にないです。実際に叩く曲もナムオリが多めですが、基本的に色んなジャンルを叩きます。アンパンマンやドラえもんもおにで普通に叩きます
 しかし最近は新曲確認程度にプレーしてるぐらいで殆どやってませんorz

 ・アンサーアンサー(anan)
 2010年7月スタート
 自称、中の下アンサー
 最近ではSSSスパイラルでSS3にもちょくちょく行けます。が、同時に(イベントが少ない所為で)殆どやらなくなったので感覚がorz
 現在、SS級プロで3億5000万ぐらい。店舗大会では和泉で勢いだけを武器に暴れまくってますw結果は…素の知識(笑)ってことでお察し下さいorz
 歴地社が得意ジャンル、次いで自然科学と、この2つは二刀流(の右と左)と自称している程。GP上の苦手ジャンルはエンタメですが、最近はスポーツの方が苦手です
 クイズは苦手ですが、知識を得る喜びの為、今でも気まぐれでやってます☆

 ・クイズマジックアカデミー(QMA)
 2010年5月スタート
 自称、フェニミノ賢者
 賢者の扉ではメインカ白銀到達、サブカも3枚賢者に行きました
 右4つのジャンルが防具、理系学問が武器と言ってますが実力はお察しの通りorz苦手は左3つです
 過去にはたかくんQMA会話も作り盛り上がってましたが、現在は無期限休業中です

 ・戦国大戦
 2012年5月スタート
 ver1では大大名昇格戦直前にて終了。勝率は4割前後で推移しています。あまり得意じゃないですが、デッキ構築や運用の楽しさ、そして何よりも自分の趣味で続けています
 使用デッキは色々で、個人的にはやっぱり武力押しの采配デッキが使いやすいですね。家宝は兜や刀、鉄砲相手には術書が多いですが、迷ったりすると茶入れも選んだりしますw

 ・maimai
 2013年8月スタート。現在のメインです(が、最盛期よりはプレー数控える予定です)
 レートは12月まで1カ月レート1.0の伸びる急成長を見せましたが、2月以降は12.5~12.6で停滞orz
 昔は乱打が得意でしたが今は若干苦手orzホールド苦手は元からです…(涙)

 ・艦これ
 2013年8月スタート
 トラック泊地でプレー中、確か大佐だったかとorz
 一時は精力的に出陣もしてましたが、今では演習と遠征だけの生活ですorz
 ただ、イベントには積極的に参加しています

 ・ぷよぷよクエストAC
 2013年11月スタート
 現在、大まどうし
 最近SR手にいれたばかりでデッキは未だに金Rしかないですorz一応11連鎖組めますが事故多発で迷惑かけたらすみません…

 ・ファンタシースターオンライン2(PSO2)
 2014年2月スタート
 シップ1でヴィヴィというキャラを使ってプレーしています。デューマン女のブレイバーです
 レベル20弱の新米で、あまりプレーできてませんorz
 因みにヴィヴィは会話レギュラーとしても活躍しています

 過去にプレーしてたゲームはヴァイスシュヴァルツや頑張れ!ぼうりんぐ番長、初音ミクProjectDIVAArcadeなどがあります

 このブログでは、他にゲーセン業以外にもアニゲー情報や風景会話など、色々な興味があったらそのメニューだけでも目を通して見て下さい☆本編の最後にはオリジナル小説もありますし、長い文章が苦手な方は短めの月刊で慣れて頂ければと思います

 ブロ友気軽に受け付けます! 
 リンク載せる際には一報お願いします。相互リンク歓迎ですっ☆
 コメントは荒らし中傷その他他人を害するもので無ければ歓迎します!こちらからも他のブログのコメントや、このブログのコメ返しますが、忙しくてできなかった場合はごめんなさいorz
 これからもよろしくお願いしますですっ☆

 2013年3月26日現在

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ブロとも一覧


しがない大学院生の日記 (仮)

アマチュア紫宝賢者(仮)の戯言QMA日記。

のっぴぃの,のんびり日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。