たかくんagcm会話@今年7月で会話執筆業五周年!
このブログは、俺の好きなアニメ(a)、ゲーム(g)、漫画(c)、音楽(m)のキャラなどが色々話すコーナーです!苦手な方は申し訳ありませんが退場をお願いします…4月から大学三年生!公務員の勉強も始まり、正念場の時期に突入しますorz太鼓の達人、anan、戦国大戦、maimai、艦これ、ぷよクエAC、PSO2やってます!その他色んな話題を取り上げているので沢山のブロガーと仲良くなりたいです☆
最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
4212位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アーケードゲーム
96位
アクセスランキングを見る>>

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回たかくんagcm会話二次試験答え
 題名の通りでs(ry
 今回は解答作成に合わせ問題文改訂を行い、ご迷惑お掛けしました
 いや、誰も解いていないワケだから態々謝る必要も無いに決まっているよn(殴
 あとは、この答えの記事に間違いがないことを祈るのみ…(涙)



第1問 第5回同様、ABの2部構成の会話文から出題された。会話文の登場人物は会話14期後期になって流行り出した『アイドルマスターシンデレラガールズ』(以下、デレマス)のキャラである
 AはWEBアニメを中心とした最近放送されたアニメについて、Bはゲーセン業についての出題となった。Aは完全記述を含む様々な問題形式が入り乱れる標準~応用問題、Bは主にタイタツのボーカロイド曲についての問題だが、最後に知識も問われる読解問題が出題された。幅広く、細かな知識が試される二次試験らしい問題となった

問1…まえかわ(易)、4点
 これは問題ないだろう。当然、『まえがわ』でも『ぜんかわ』でもない
 実は、読み問題が出題されたのは会話試験では初である

問2…たかにゃ、筆談で意思を図ることが出来る。(15字)、共にやや難、それぞれ3点、4点
 前者の答えについて、便宜上、特技について、上からⅠ~Ⅳとおく。はるかさんはⅣ、みうらさんはⅠ、いおはⅡ、ちびきはⅢとなり、たかにゃだけが残る
 後者の記述について、別解として『紙に文字を書いて思いを伝える。(15字)』など、筆談という能力を活かして意思疎通を図るという内容のことが書かれていれば可とする

問3…以下の通り(標準)、5点(完答)
 A…Ⅰ、Ⅱ、Ⅴ B…Ⅲ C…Ⅳ
 最近放送されたWEBアニメの中の人に関する問題。実際にCV(中の人)が誰なのかは公式ホムペで簡単に確認できるが、知っていないと非常に難しい
 さて、グループごとに中の人とキャラを見ていこう。Aのまんがーるについて、大橋彩香は西島りんご、竹達彩奈は御園さゆり、宮本佳那子は佐々山はなをそれぞれ演じている
 また、Bのてーきゅうについて、花澤香菜は坂東まりもを、Cのヤマノススメについて、井口裕香は雪村あおいをそれぞれ演じている

問4…コミック アース・スター(標準)、4点
 上の3つのアニメが原作のマンガが連載されていた雑誌名を答える問題である。ちゃんと正式名称で答えられたであろうか

問5…1,3,4(やや難)、4点
 これらと同時期に放送されたWEBアニメで、現在もニコニコ動画などで配信中である。ただ、会話には取り上げられていなかったため、分からなかった人も多いのではないか
 2パコパコは存在しない

問6…(8)みなみけただいま、(9)ひだまりスケッチ×ハニカム(共に標準)、各4点
 アニメ4期の正式名称を答える問題。標準レベルではあるが答えられたであろうか

問7…45(易)、4点
 同一次試験にも出題された

問8…15曲(標準)、4点
 公式ホムペやwikiで調べてみよう

問9…3曲、わんにゃーワールド、花オト裏拍子、初音ミクの消失-劇場版-(共にやや難)、曲数は3点と曲名は完答で5点
 ナムコオリジナルからのジャンル変更となった曲を答える問題。この3曲は他のバラエティに属していたニコニコ動画とは関係が薄い為、ナムコオリジナルに配属されていたが、全てボーカロイドを使用していたので、ナムコオリジナルにジャンル変更となった

問10…2曲、メルト、ワールドイズマイン(やや難)、曲数は3点と曲名は完答で5点
 ボカロ曲そのものは2度のジャンル変更があった。それについて知っていれば答えもすぐに出るだろう

問11…きゅんっ!ヴァンパイアガール、18曲目(それぞれ標準、難)、各4点
 前者は新バージョンプレーしたことがある人には答えられたであろう。後者はデータ問なので非常に難しい
 19曲目に七彩ボタンがあり、ACでは18曲目の上の曲よりも収録が早いが、それよりも前に3DSで上の曲が収録されている

問12…無し(やや易)、4点
 間違っても『正しいもの』ではないことに注意。全て正しい文章である
 答えそのものは無しであるが、答えがもしかしたらあるかもしれないと思った人には苦痛だったであろう
 因みに、3については3段階制に変更され、大部分に分けた結果同じ部分に属する組(ガーゴイルとナイトガーゴイルとキングガーゴイルなど)としか一緒にマッチングされない仕様に、更にゲージの増減基準(準決勝進出でも大きく下がることがある)の変更となった
 4については、転生すると修練生からやり直しだが、宝石賢者到達していてプラチナメダルが多いほど転生後に魔法石に還元される為、ある程度高い階級からプレーは可能である

問13…城ヶ崎美嘉と城ヶ崎莉嘉(やや難)、6点(完答)
 最後は難問の読解問題となった。セリフが逆になっていたのは上の組み合わせだが答えられたであろうか。因みに、執筆者自身も、デレマスagcm会話を初めて執筆した本編321号の時に危うく間違えかけたorz実際、この2人は姉妹で、『姉が美嘉、妹が莉嘉』である
 手掛かりは無いわけではない。登場人物に関する判別問題にありがちな、口調だけで判別するのは非常に難しい。しかし、Bの文章の一部をそのままに書くと…

莉嘉¨て、何気に全部、伊達家じゃん!
美嘉¨あ、さっきのセリフ、お姉ちゃんに話せばよかった!だってお姉ちゃん、小十郎ファン(※)だって言うからさ~
莉嘉¨って、それは言わないで!恥ずかしいよぉ…

 上の文章とさっき書いた姉妹の相関図から、美嘉が莉嘉のことをお姉ちゃんと話すワケが無い(上にもある通り、美嘉が姉である為)。他にも見た目の割には年相応の恥ずかしがり屋でもある処女ヶ崎なんて言われているのは姉の美嘉である



第2問 しんちゃん会話伝説に関する問題となった。問1,2は標準レベルだが、問3は高度な知識、問4は記述問題、問5は並べ替えとなっており、バラエティに富んでいて、尚且つ難易度が高い大問となった

問1…A's(やや易)、4点
 少々難しく考えてるかもしれないが、要するに時系列的に考えればいいだけの話。それさえ見破れれば、一次試験と同様の難易度となる

問2…プリティーリズムオーロラドリーム、プリティーリズムディアマイフューチャー(共にやや易)、各3点
 正式名称が長いのが厄介か。とはいえ、答え自体は一次試験でも十分出題しうるレベルである

問3…カメ(難)、5点
 けいおん!ファンには馴染みのあるキャラである。が、逆に見ていないと分からない問題でもある

問4…下記参照、10点
 この要望書は準レギュラー創設に関係のある文章であり、そこから会話4期末であることが分かる。しんちゃん会話伝説の場面で言うと第二章の中パート、時期にして2010年9月の出来事である
 更に、度々説明文に『アルル』とあるのもヒント。その月の月刊である、月刊15号では天海春香とアルルがクビになり、アルルが失踪したのである。しんちゃん会話伝説によれば、その後、未海やあむ、しんのすけによって説得して元気を取り戻したとある
 以上を踏まえて、100字以内に収まるようにまとめることが出来れば良い
 (解答例)月刊15号でアルルと天海春香のクビが発表され、アルルが収録中に失踪した。心配した未海とあむ、しんのすけがアルルの元に駆けつけ、慰めた。そしてあむの部屋で一晩過ごし、準レギュラー創設の要望書を仕上げた。(100字)
 (採点基準)『月刊15号』、『アルルと春香のクビ』、『アルルの失踪』、『未海とあむ、しんのすけ(『しんのすけら』等でも可)がアルルを慰めた』、『あむの部屋で一晩過ごす』、『要望書(内容は省略可)を仕上げた』の6つのパートに分けて採点する。1つのパートが欠けている場合はその数だけ2点減点(減点は最大10点まで)

問5…DABC(やや難)、6点
 第2問の問5と言えば…ということで、6回連続の出題。今回は手掛かりが比較的つかみやすいので分かりやすかったのではないか。とはいえ、しんちゃん会話伝説を最初から知らない限りはキツかったかもしれない
 具体的には、Aは月刊23号の収録で時代を移動する為にドラえもんのタイムマシンでの移動中で第三章の上パートから抜粋、同じくBは月刊36号の収録後に起こった事件で第五章天から抜粋、Cはけいおん!の仲間割れで第五章人から抜粋、Dは問4にもあった通りで第二章の中パートから抜粋した。たかくん会話試験は原則として時系列順に執筆している為、執筆順に並べても正しい答えとなる



第3問…(1),(2),(8),(15),(16)、(左から標準、標準、標準、やや難、易)、各4点(計20点)
 書き下ろしの会話文の中から誤りを見つける問題。第6回にして念願の(?)ボーカロイドが担当することとなった。一貫して準レギュラーの歴史に関する問題で、改名する前の名称を答えたり、中には二次試験にはよくある壮絶な引っ掛けも用意しているので、完答は容易ではない。とはいえ、準レギュラーの歴史さえある程度知っていれば十分解ける問題なので比較的難易度の低い問題が多い
 (1)…誤り。会話13期のみなので3カ月が正しい
 (2)…誤り。ここでは新制度について話されているので、本編のみの登場出来るのが準Aレギュラー、『月刊のみに登場出来るのが準Bレギュラー』である。それ以前は本編と月刊とを兼任していた準レギュラーがあった為、それを準Aレギュラー、本編のみの準レギュラーを準Bレギュラーとしていた。ややこしいので注意しよう
 (3)…正しい。本編328号で確認するのが手っ取り早いだろう
 (4)…正しい。同じく、本編328号で確認しよう
 (5)…正しい。理由は同上
 (6)…正しい。因みにこれが決まったのは本編328号が掲載される前日の出来事であった
 (7)…正しい。時期にして2010年10月以降。第2問のDパートに詳しいだろう
 (8)…誤り。準レギュラー創設時からいるが、月刊13号の間は担当していなかった
 (9)…正しい。2012年4月までこの名称を使っていた
 (10)…正しい。かつて銀魂が担当していた準レギュラー回で、会話9期に統合した
 (11)…正しい。かつて絶チルが担当していた準レギュラー回である
 (12)…正しい。会話10期まではこの名称を使っていた
 (13)…正しい。時期にして2012年8月までである
 (14)…正しい。会話10期末から会話14期前期まで務めていたが、会話14期後期の間だけドキドキプリキュアが担当する準レギュラー回、ドッキドキガールズタイム!?回にも登場していた
 (15)…誤り。miyamalive!with1 『quartet』☆回である。『qartet』ではなく『quartet』である。しつこく言えば『u』が抜けているのである。お分かり頂けたであろうか?
 (16)…誤り。ハピィさんのブログを見て混乱した(?)人もいるかもしれないが、正しくはミヤマルGTである
 (17)…正しい。会話5期の頃からあったが、会話6期で廃止となった
 (18)…正しい。リトルバスターズ!が担当していた
 (19)…正しい。ファイ・ブレインが担当していた
 (20)…正しい。ゆるゆりが担当していた



第4問 お馴染となった正誤数判別問題。今回はレギュラー制度について問われたが、一部アニゲー問がある。項目数は多いが、ちゃんと知っていれば全く問題ない

 問1…3つ(難)、4点
  Ⅰ、Ⅱ、Ⅴ…正しい。とはいえ、たかくん分身制度そのものに触れていた問題は過去にもあったが、そのメンバーを答える問題は第1回以来である。廃止された第2回以降は分身そのものの存在を消すべくなるべく触れないのがベターとされてきたが、遂に解禁となったのである。勿論、現在では登場しなくなったが、たかくんagcm紹介文にそのメンバーとそのモチーフとなった一文が存在する。確認して見よう
  Ⅲ、Ⅳ…誤り。モチーフがそれぞれ逆

 問2…3つ(標準)、4点
  Ⅰ…正しい
  Ⅱ…正しい。因みに会話執筆者は、稼働当時は熱中的にプレーしていが、最近はあんまりなので実力は殆ど無い。会話でも昔は取り上げられていたが、ここ1年では見ないであろう
  Ⅲ…誤り。『千本桜』である。有名な曲ではあるが、引っかからないように注意したい
  Ⅳ…正しい。会話でも本編219号で取り上げられた
  Ⅴ…誤り。2007年8月31日に発売されたので、『6年』が正しい

 問3…2つ(やや易)、4点
  Ⅰ…誤り。『魔法少女リリカルなのは』シリーズに登場する
  Ⅱ…正しい。メディア本編を見れば一目瞭然である
  Ⅲ…誤り。元々の名前はフェイト・テスタロッサであるが、PT事件の後にハラオウン家に引き取られたことから、『フェイト・T・ハラオウン』と名前を変えたのである。よって、この『T』は『テスタロッサ』のことである。当然だが、『takakun39』の略称なワケが無い
  Ⅳ…誤り。2011年6月が正しく、同じアニメ出身者の高町ヴィヴィオと時期は同じ。4月にデビューした高町なのはと混同しないように
  Ⅴ…正しい。会話14期後期に引き続き特別Sレギュラーとなった

 問4…1つ(やや難)、4点
  Ⅰ…誤り。会話1期に新設されたのが『新参』であり、会話4期に『新参A』と『新参B』に分裂した
  Ⅱ…誤り。少なくとも2人であり、会話6期以前、会話11期末直前に起こった。会話15期前期現在は5人である
  Ⅲ…正しい。本編のレギュラー登場数はローテーション制度を取っており、一方が『S3人、A4人、B2人』で行う場合、もう一方は『S2人、A3人、B1人』で行い、その次の回はその逆で行う。新参Aについて話すが(これは古参Aにも同様のことが言えるが)、4人登場する回と3人登場する回が交互にある為、1回あたり3.5人。新参Aレギュラーは5人であるから、登場出来る確率は70%である。同様に新参B(古参Bも同様)についても、1回あたり1.5人、定員は5人であるから30%である。以上からこの文章が正しいことが分かる
  Ⅳ…誤り。会話7期末直前に江戸川コナンが野原しんのすけと共に一時降格したのは新参Aレギュラーである
  Ⅴ…誤り。今でこそないが、会話10期に撤廃された特別A、特別Bがあった。それらは会話4期に新設されている

 問5…1つ(標準)、4点
  Ⅰ…誤り。2009年7月に会話創刊号、月刊30号は2011年12月であるから、文章に合わない
  Ⅱ…誤り。ジュエルペットサンシャインが正しい。以下、てぃんくる☆に関する記述があるので混同しないように
  Ⅲ…誤り。桜あかりは会話6期にレギュラーなので明らかに時期が違う
  Ⅳ…正しい。今は亡き分身制度によるマジカルバナナとかぶっちゃやーYO!大会が行われた
  Ⅴ…誤り。分身制度が廃止されたのは月刊にして32号の時である



第5問…5,8,13,18,19、(左から難、標準、やや難、易、やや易)、各4点(計20点)
 第4回とほぼ同様で、誤っている文章を選ぶ問題である。第4問同様でレギュラー制度に関する問題で、会話試験にはあまり取り上げられない会話用語に関する問題も少し含まれている
 1…正しい
 2…正しい。現在なら特別SS及び特別Sがこれにあたる
 3…正しい
 4…正しい。会話15期前期によるレギュラー制度大革命によって変更された
 5…誤り。会話15期前期の時点でレギュラーデビューしたのは95人である
 6…正しい。他の例にはアニメ放送が2007年に終了しているのにも拘らず未だにレギュラーになり続けている『魔法少女リリカルなのは』シリーズのなのは、フェイト、ヴィヴィオなど
 7…正しい。たかくん39、初音ミク、野原しんのすけの3人である
 8…誤り。本編では会話10期末~会話14期は特別Sもローテーションに組み込まれ、登場出来ない回もあった
 9…正しい
 10…正しい。レギュラー表を確認してみよう
 11…正しい。会話5期レギュラーのミルキーゴールドの雪と凛々(現在はヘキヨウンに所属し、準レギュラーとして活躍している)の影響で定められた。ここ1年はほとんど使われてない
 12…正しい。初出は恐らく本編250号。今でも稀に使うことがある
 13…誤り。『カナカナカナカナナカナカナカナカナカナカナカナカナ』ではなく、『カナカナカナカナカナナカナカナカナカナカナカナカナ』である。詳しく見ると、『カナ』が12回繰り返されるワケなのだが、その4回目ではなく、5回目の2文字目の『ナ』がその後に続くのである
 14…正しい。これは現在もよくつかわれる会話用語である
 15…正しい。これもよくつかわれる
 16…正しい
 17…正しい
 18…誤り。創刊号から毎月ちゃんとある
 19…誤り。ニュース諸事情の撤廃により、ここ5回の月刊はなかがきすら存在しないようになった
 20…正しい。『たかくんagcm会話ktkr』で15代目のタイトル、ここに至るまで14回のタイトル変更が行われた。基本的にタイトル変更は会話○期が終了するか50号ごとに変更する



第6問 恒例なのに誰も解いてくれないが為に忘れられた存在(?)になりつつある多答積み重ねクイズが二次試験最後に登場。今回の出題範囲は前回とほぼ同様、知識が第一ではあるが、戦略眼も試されるクイズ形式である

問1…1,3,4,5,6,7,9(標準)…正解数7個
 レギュラー表さえみれば楽勝と言うサービス問題…なのだが、今回は2年前のレギュラー表であることに注意。会話7期は2011年4月~6月の時期であり、それを正確にとらえる必要がある
 ○1,3,4,5,6,7,9…改めて確認して見よう
 ×2,8,10…現在のレギュラーではあるが会話7期には準レギュラーだったか、或いはレギュラーデビューしていないキャラである

問2…2,4,5,6,9(標準)…正解数5個
 会話試験の中の人問では最頻出の水樹奈々問。今回は多答積み重ねに登場した。壮絶な引っ掛けには注意したい
 ×1…しゅごキャラ!に登場するキャラ『ほしな歌唄』の誤り
 ○2…魔法少女リリカルなのはシリーズに登場するキャラ
 ×3…ハートキャッチプリキュアに登場するキャラ『花咲つぼみ』の誤り
 ○4…ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜に登場するキャラ
 ○5…劇場版ポケットモンスターベストウィッシュ第一弾「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」、及び「ビクティニと白き英雄 レシラム」に登場するキャラ(ポケモン)
 ○6…トリコに登場するキャラ(アニメオリジナルキャラでもある)
 ○7…みなみけに登場するキャラ
 ×8…織田信奈の野望に登場するキャラで、中の人は伊藤かな恵
 ○9…魔法少女リリカルなのはシリーズに登場するキャラ。だというのに会話未登場なので、難易度が高かったのではないか
 ×10…ドラゴンボールシリーズに登場するキャラで、中の人は野沢雅子

問3…2,5,6,8,10(標準)…正解数5個
 お馴染、ハピィさん問。現在では唯一のブロ友問である。とはいえ、一筋縄ではいかないひっかけが存在するのが二次試験である。心してかかりたい
 ×1…ミヤマルGTのファン、神前千歳の誤り
 ○2…ミヤマルGTのファン
 ×3…ミヤマルGTのファン、森内明菜の誤り
 ×4…ハッピーウエスタンのキャラ、ジョセフの誤り
 ○5…ハッピーウエスタンのキャラ
 ○6…彼女になれますかのキャラ
 ×7…カルテットのメンバー、アルヴィンの誤り
 ○8…カルテットのメンバー
 ×9…カルテットのメンバー、フローラの誤り
 ○10…カルテットのメンバー

問4…1,2,4,5,6,8,10(やや難)…正解数7個
 ananのイベントを答える問題。実際プレーしないと分からないことは勿論、ちゃんとイベント名を覚えているかと言うのもカギとなった。実は、掲載当時はメモ書きで答えが分かったと言うバグが判m(殴
 ○1…2011年11月に開催された。本編196号でその暴走っぷりが分かる
 ○2…2011年2月に開催された。本編116号でその暴走っぷr(ry
 ×3…2013年2月に開催された、にゃんにゃんわんわん大会の誤り
 ○4…2008年8月に開催された。無印anan時代のイベントである
 ○5…2010年3月に開催された。anan2時代のイベントである
 ○6…2010年7月に開催された。これもanan2時代
 ×7…2011年3月に開催予定だった。これは実際に企画されていたが、東日本大震災の影響で、これの企画元となる『芸能人クイズ王を倒せ!!』が潰れてしまい、結局、実際に行われたのは一次予選のみとなった
 ○8…2012年5月に開催された。今年の4月には今日の問題に登場したんだとか
 ×9…2011年8月に開催された、夏休み横断!ウルトラクイズ大会予選の誤り
 ○10…2013年1月に開催された

問5…1,2,3,5,6,7,8(標準)…正解数7個
 ゆかりん王国の王女こと、ゆかりひめに関する問題。QMA会話に普段から親しんでいるかどうか試された
 ○1…QMA9に初登場となっているが、一応、QMA8最後の長編、『その頃、たかくんファミリーでは…の巻』にも登場していた
 ○2…上記参照
 ○3…歌手でもある
 ×4…優勝経験は無い
 ○5,6,7,8…たかくんQMA紹介文で確認して見よう。但し、7は『ナナとMika、姉妹の約束の巻』で確認できる

問6…1,2,5,8(やや難)…正解数4個
 戦国大戦問は多答積み重ねクイズ文章問題では初登場。カードのテキストをしっかり見ているかどうか試された。実際にプレーしていればパフェも十分取れる問題だが、そうでない場合はwikiで確認しよう
 ○1,2…テキストをもう一度確認して見よう
 ×3…伏兵と『魅力』である。攻城は所持していない
 ×4…竜の『右眼』である
 ○5…ver2.0で初出のカテゴリである
 ×6…統率力と移動速度の誤り。SR直江兼続が持つ似た陣形、『愛のために』と混同しないように
 ×7…これも武力と移動速度の誤り
 ○8…2度の下方修正を受けているものの、今もよく使われている
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


プロフィール

たかくん39

Author:たかくん39
 1994年2月2日生まれ男子オタク
 現在ハマっているゲームは…

 ・太鼓の達人(タイタツ)
 ACは2009年1月スタート、CSは2009年3月スタート
 最盛期のACは一部を除きノルマ達成。☆9までは一部除きフル可能。同じくCSは☆9(やはり一部除く)と☆10の大半はフル可能
 好きな曲は特にないです。実際に叩く曲もナムオリが多めですが、基本的に色んなジャンルを叩きます。アンパンマンやドラえもんもおにで普通に叩きます
 しかし最近は新曲確認程度にプレーしてるぐらいで殆どやってませんorz

 ・アンサーアンサー(anan)
 2010年7月スタート
 自称、中の下アンサー
 最近ではSSSスパイラルでSS3にもちょくちょく行けます。が、同時に(イベントが少ない所為で)殆どやらなくなったので感覚がorz
 現在、SS級プロで3億5000万ぐらい。店舗大会では和泉で勢いだけを武器に暴れまくってますw結果は…素の知識(笑)ってことでお察し下さいorz
 歴地社が得意ジャンル、次いで自然科学と、この2つは二刀流(の右と左)と自称している程。GP上の苦手ジャンルはエンタメですが、最近はスポーツの方が苦手です
 クイズは苦手ですが、知識を得る喜びの為、今でも気まぐれでやってます☆

 ・クイズマジックアカデミー(QMA)
 2010年5月スタート
 自称、フェニミノ賢者
 賢者の扉ではメインカ白銀到達、サブカも3枚賢者に行きました
 右4つのジャンルが防具、理系学問が武器と言ってますが実力はお察しの通りorz苦手は左3つです
 過去にはたかくんQMA会話も作り盛り上がってましたが、現在は無期限休業中です

 ・戦国大戦
 2012年5月スタート
 ver1では大大名昇格戦直前にて終了。勝率は4割前後で推移しています。あまり得意じゃないですが、デッキ構築や運用の楽しさ、そして何よりも自分の趣味で続けています
 使用デッキは色々で、個人的にはやっぱり武力押しの采配デッキが使いやすいですね。家宝は兜や刀、鉄砲相手には術書が多いですが、迷ったりすると茶入れも選んだりしますw

 ・maimai
 2013年8月スタート。現在のメインです(が、最盛期よりはプレー数控える予定です)
 レートは12月まで1カ月レート1.0の伸びる急成長を見せましたが、2月以降は12.5~12.6で停滞orz
 昔は乱打が得意でしたが今は若干苦手orzホールド苦手は元からです…(涙)

 ・艦これ
 2013年8月スタート
 トラック泊地でプレー中、確か大佐だったかとorz
 一時は精力的に出陣もしてましたが、今では演習と遠征だけの生活ですorz
 ただ、イベントには積極的に参加しています

 ・ぷよぷよクエストAC
 2013年11月スタート
 現在、大まどうし
 最近SR手にいれたばかりでデッキは未だに金Rしかないですorz一応11連鎖組めますが事故多発で迷惑かけたらすみません…

 ・ファンタシースターオンライン2(PSO2)
 2014年2月スタート
 シップ1でヴィヴィというキャラを使ってプレーしています。デューマン女のブレイバーです
 レベル20弱の新米で、あまりプレーできてませんorz
 因みにヴィヴィは会話レギュラーとしても活躍しています

 過去にプレーしてたゲームはヴァイスシュヴァルツや頑張れ!ぼうりんぐ番長、初音ミクProjectDIVAArcadeなどがあります

 このブログでは、他にゲーセン業以外にもアニゲー情報や風景会話など、色々な興味があったらそのメニューだけでも目を通して見て下さい☆本編の最後にはオリジナル小説もありますし、長い文章が苦手な方は短めの月刊で慣れて頂ければと思います

 ブロ友気軽に受け付けます! 
 リンク載せる際には一報お願いします。相互リンク歓迎ですっ☆
 コメントは荒らし中傷その他他人を害するもので無ければ歓迎します!こちらからも他のブログのコメントや、このブログのコメ返しますが、忙しくてできなかった場合はごめんなさいorz
 これからもよろしくお願いしますですっ☆

 2013年3月26日現在

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ブロとも一覧


しがない大学院生の日記 (仮)

アマチュア紫宝賢者(仮)の戯言QMA日記。

のっぴぃの,のんびり日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。